子育てママ!キャリアだって捨てたくない!自分なりの仕事の仕方

子育てはママのもの?

小さなベビーにとってママは特別な存在です。誰にも代われない部分があるのも確かです。しかし、何が何でもママしか子育てできないわけでもありません。ママだって仕事に就きたい思いもありますよね。それが子育てへのプラスになることもあるからです。子供とずっと家にいると、閉塞感や社会から取り残された気分になってしまったりするのです。

誰がどう協力してくれるのか?

子育てをママ一人で受け持っていると、孤独感やイライラにストレスなど、結果子供にあたってしまうような悪循環にもなりかねません。一人で抱え込むと苦しくなってしまいます。少しの時間でも自分の達成感や、子育て以外の時間を持つことで解消できることもあります。身近な人が少し協力してくれるだけでも気分が楽になるでしょう。自治体の支援で子育てを協力してくれる所も多くあります。気分が沈まないように何か趣味や仕事を持つことも社会との繋がりを持つ上で解決になります。

出勤しなくてもできる仕事はある!

時間の融通のきく仕事ができれば、固定の時間を取られることもありません。家にいながらできる仕事もあります。昔は内職的なものが多かったですが、通信機器が進化した現在ではスマホやパソコンがあればできる仕事もあります。データの入力や文書の作成など、自分の空いた時間を活用して少し仕事をすることから始めても、生活環境を変えることがなく気分も楽ですね。育児の間に、将来のためのキャリアアップを目指して何かの勉強、資格を取るというのもポジティブな気分になれるものです。

子供はいつか手を離れる

子供もいつまでも赤ちゃんではありません。ママが仕事にまた復活するためにも、子育ての期間はキャリアアップや資格などの準備をする時間だと考えると、子供の成長も楽しみになりますね。

一家の大黒柱であるシングルマザーの仕事は、それなりの収入が必要なため条件の良い仕事を見つけることが大切です。