介護では資格がなければ始まらない?介護業界の従事者に必要な資格とは!?

介護の資格は無資格ではいけないものは多い!

介護の仕事は誰にでも出来る仕事もありますが、大抵は仕事に従事するにあたって必要な資格が出てきます。良くあるヘルパーや介護士などはその典型例です。ヘルパーとして働くためには、現在ならヘルパーの資格や介護職員初任者研修と言った専門の資格を取得していなければ法律違反となってきます。

ですので、これから業界で介護の仕事をしてみたい方は、そこで働く為に必要な資格を調べ、取得する所から頑張って行きましょう。

ちなみに、無資格でも働くる仕事としては、高齢者のお話相手となる傾聴のボランティアや、介護施設のお掃除やシーツ交換等をする雑務があります。資格はないけれど、とりあえず介護施設の中で仕事をしてみたい方はまずは、ボランティアや簡単なバイトからするのもオススメです。

資格取得は時間的な余裕がある時に取るのがオススメ!

ちなみに、介護の資格は取得するまでにかなり長い日数がかかるものが多いので、これから取得を目指すなら、なるべく余裕がある時に取得した方が良いです。例えば、介護職員初任者研修などでは、普通に研修期間で学習すると合計で130時間もの時間が必要となります。

取得するにあたっての難易度は高くは無いですが、時間が無いと講座に通う時間が取れませんので、余裕がある時に取得した方が良いのです。取得する方は、よくスケジュール管理をして無理のないスケジュールでその資格を取得してみましょう。

また、介護の資格の中には、取得した後に定期的に講習や更新が必要なものもありまので、取得して資格が使えなくなってしまわないようにその更新手続きも忘れないようにしましょう。

介護職を目指すならば求人数が多い東京エリアが有利です。そのため介護の求人を東京で探す人が増えています。